しろくまハウス10号

<   2009年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧

「33年」(63-2)お礼の品……マリア観音

c0164187_2292198.jpg

 そして、その日が来た。つけものとお茶を用意していると、戸がたたかれた。シストとカタリナは玄関の戸を開けて、外を見て、びっくり。すごく多勢の人が集まっている。江戸からきた約100人が、みんないる。林の親分と三太夫親分がつれてきたのだ。

 他にも、来れるキリシタンで、迫害のためにそのあと逃げてきた人は、みんな来たようだ。台が置かれていて、何かが白い布をかけられておいてある。そのとなりに杉の木の箱がある。クララが、そこに恥ずかしそうにして出てくる。

クララ
「おとうさん。おかあさん。ちょっときて。」

 シストとカタリナは、クララが何か代表してするみたいなので、「何だろう?」と顔をみあわせながら外にでてくる。クララはできるだけ大きな声を出す。皆に聞こえるようにだ。

クララ
「おとうさん、おかあさん。今日、お礼がしたくって、私たち集まりました。おとうさんとおかあさんがいなければ、私たちはいったいどうなっていたことでしょう。私は……」

 クララは、家も食べものもなかった日々と、生みの父親の斬首の遺体が切りきざまれたことを思い出して、しゃべれなくなった。泣きながらやっと言う。

クララ
「これ取って。これ、お礼の品。」

 シストが白い布をとる。あらわれたのはマリア観音だ。

カタリナ
「まあー。こんな……。どうしよおー……。」

 皆が手をたたいている。クララの涙に同情のもらい泣き。それに今、よろこびのうれし泣き。カタリナは、クララをハッグし、なぐさめながら、口は「ありがとう」をくり返す。シストは母性あふれるマリアママの姿に、たちまちとりこになる。イエズスもとてもかわいらしい。

(この石を彫って作ったマリア観音は、今、寺沢の殉教公園のてっぺんに「北向き観音」と呼ばれて、小さなお堂の中に置かれている。シストとカタリナの殉教の直後から、約4世紀にわたって、ここにおかれ、崇敬されてきている。)

シスト
「何てすてきなマリアママとイエズスの石像なんだろう。ぼくは、うれしくって胸がいっぱいで……」

 シストも感きわまってしまった。ここまでくるのに、ならずものたちをひきいて、神の国の敵と、祖国の敵と戦ってきた20年があるのだ。

 シストとカタリナが目の前にしているのは、ならずものたちが受け皿となって迎え入れられた品行方正なキリシタンたちだ。これは20年の実りのほんの一部にすぎない。

 今、現実に、ならずものたちの巨大な地下教会が存在し、そこに数万人の品行方正なキリシタンたちが全国から流れこんできている。

 しかし、シストとカタリナは自分をたいしたものだとは、これっぽちも考えない。実りの巨大さが、これは自分たちの手がらでは決してないのだと確信させるのだ。シストは続ける。

シスト
「皆さん、ぼくとカタリナはいったい何者でしょう。高麗(こうらい)から連行されてきた時は、ぼくは20才、カタリナは15才の若い夫婦。戦利品の奴隷。キリシタンでもなく、日本語も知らない、みじめな二人でした。

 そんな、ぼくたち二人がいったい何をしたというのでしょう。二年後、石見銀山に連れていかれてから、その時、その時、神様が思いつかせてくれることを、そのとおりにやってきただけです。

 神様ご自身が全てをなさったのです。ぼくたちはただ、神様に道具として使っていただいただけです。ぼくもカタリナも、立派なことは何もできない人間で、最低最悪で、何も知らない子どものような者です。

 ぼくたちは、祖国の敵、秀吉と侵略軍をゆるせない、愛せない、祝福できないでいた長い期間、自分たちが最低最悪の人間だって痛感させられました。

 二人は、その時から、どんな悪い子も決して見捨てないお母さんのマリアママのことが理解できるようになりました。そして、マリアママ的な地下教会をつくろうって語りあってきたんです。

 ならずものたちではじまり、今、信仰を捨てると誓約した人も、苦しみは耐えられないと迫害をさけて逃げてきた人も加わったので、この地下教会は、どんな子も見捨てないマリアママ的な地下教会だということが、本当に証明されました。この石像は、そのしるしのように見えます。

 マリアママ的な地下教会の姿のように見えます。皆さん本当にありがとう。この石像はぼくたちの家で大切にあずかります。ぼくたち二人が殉教したら、この石像は皆さんのものにしてください。」


 聞いている皆は、「マリアママ的な地下教会」「どんな子も決して見捨てないマリアママ」という言葉に感動している。神さまは、そしてマリアママは、どんな悪い子も決して見捨てないというのは、何とすばらしいことだろうと。

 それだけでなく、皆は、この大将と女大将自身が、どんな悪い子も見捨てない、羊のためによろこんで命を捨てる本当の牧者だと思う。

 今、シストとカタリナは見つめあい、ほほえみをかわす。それを見て、カタリナにだきついていたクララがいう。

クララ
「おかあさん、おとうさん、となりの箱にはお礼のお手紙がいっぱいはいっているの。」

 シストがふたをとった。手紙がふちまでいっぱいだ。ぶ厚いものもけっこう多い。実はこの手紙は、お礼だけが書かれているのではない、当然のことだが、それぞれ書いた人の体験が書かれているのだ。それを読むことでシストはいろいろな情報を得、今後に役立てることになる。

 このびっくりプレゼントの贈呈式のあと、シストの家では学校について話し合われ、ヨアキム近江夫妻が中心となって、信仰教育の学校がはじめられることになった。ヨアキム近江とエリザベータ近江は、こうして中心的なキリシタンとして、今後10年間働くことになる。


-----------------
2009年6月14日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_063.html
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-29 22:09

「33年」(63-1)お礼の品……マリア観音

c0164187_21595314.jpg

 1614年の5月。寺沢金山にも院内銀山にも、まだ少し雪がとけのこっている。しかし、春は春。初めての北国の冬を、寒さに苦しみながらも、何とか越すことができたキリシタン家族たちのよろこびは大きい。

 新しい生活に自信と希望が持てるようになり、この生活を準備してくれ、迎えいれてくれ、今もキリシタンのために必死になって働いてくれているシストとカタリナに感謝をあらわしたいと、寺沢と院内に来たキリシタンたちは考えるようになった。

 シストとカタリナがよろこぶ何かを贈りたいと皆、思っている。ちょうどこのころ、近江の国からヨアキムとエリザベータという年配の夫婦が、寺沢に逃げてきた。二人は中国製の白磁の観音像をもっていて、カタリナにそれを見せた。

エリザベータ
「私たちは、これだけを大切にもって逃げてきました。」

カタリナ
「わー。これ、マリアさまとイエズスさまなの?」

エリザベータ
「そうです。そのつもりで祈っているんです。本当は、子安観音だから、ちがうんですけどね。」

カタリナ
「でも どうして 赤ちゃんをだいているの? かわいいわ。」

ヨアキム近江
「安産を守ってくれる観音だからですよ。」

カタリナ
「この赤ちゃんがかわいくってたまらないわ。ちょっとかして。みんなに見せてきていい?」

ヨアキム近江
「いいですとも。どうぞ、どうぞ。」

 カタリナは、ヨアキムとエリザベータ近江夫妻の子安観音を、「かわいいでしょう」「かわいいでしょう」と大はしゃぎで皆に見せてまわった。このはしゃぐカタリナの姿を見て、何人もの人が同じことを考えた。

 シスト一家が知らないところで話しは広がり、相談はまとまり、「おれ、そういうほりもの、石でつくれるぞ」と名のりをあげたキリシタンのほり子が、マリア観音をつくることになった。その完成にあわせて、キリシタンたちは感謝の手紙をそれぞれに書いて集めておいた。

 ヨアキムとエリザベータ近江夫妻は、30年以上前に信者になっており、キリシタンの教えを説明するのも上手で、子どもたちや、まだキリシタンになって間もない人々のために先生となって教えることができるということがシストやカタリナにわかった。

 院内銀山にも同様に、関西からキリシタンになって30年以上たっている人が逃げてきていて、やはりこの人たちも学があって、教えの説明が上手な人が多い。そこでシストがカタリナにこうきりだした。

シスト
「カタリナ、寺沢と院内のキリシタンの共同体に足りないものは何かわかるかい。」

カタリナ
「何かしら。」

シスト
「子どもたちや、キリシタンになりたい人や、なって間もない人に、キリシタンの教えをしっかりと教えたいと思わないかい。」

カタリナ
「うん。思うわ。」

シスト
「ヨアキム近江夫妻のような人、年配で、学があって、古くからのキリシタンで、教えるのが上手な人たちが院内にもやってきているんだ。彼らに学校を開いてもらったらとぼくは思っているんだ。答えは学校。」

カタリナ
「わー。学校……。私、学校のことはさっぱりわからない。」

シスト
「ぼくもだよ。ぼくたちがやるんじゃなくて、ヨアキム近江夫妻に中心になってもらってさ。」

カタリナ
「いい考えね。それ。」

シスト
「じゃ、今度、寺沢と院内の主な人たちを呼んで、話し合いをしようね。」

 ということで、シストは日時を決めて寺沢と院内のキリシタンの主だった人達とキリシタンの教えの先生になってくれそうな人達を家に呼んだ。


-----------------
2009年6月14日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_063.html
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-28 21:59

メールマガジン「箱舟の聖母」

c0164187_22464833.jpg

バックナンバーNo.433~435 を公開しました。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/hakobune_index.html#bn3
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-27 22:46

「33年」(62)キリシタン追放令

c0164187_2113337.jpg

 運命の日、1614年2月1日がきた。幕府は、全国的な禁教令であるキリシタン追放令を出した。この知らせが佐竹義宣に届いた時、義宣はペトロ人見の奉行職をはくだつし、出羽の国から追放した。これはちゅうちょなく行なわれた。

 佐竹義宣は、ペトロ梅津に対してはキリシタンの信仰を捨てるようにと説得にあたった。もし彼がキリシタンをやめるならば、他のキリシタンは迫害しないという条件を殿は出した。ペトロ梅津はこの取り引きに応じた。殿は約束を守った。

 出羽の国では、これら二人以外、誰もせめられなかったのだ。この時からペトロ梅津は出世の道をのぼりつめ、国家老にやがてなる。この時、この二人のキリシタン山奉行は、出羽の国のキリシタン全体の防波堤になったのだ。こうして地下教会の本拠地には何ら迫害の波はおしよせなかったのだ。

 江戸のキリシタンたちを鉱山に逃れさせる活動をやりおえた馬井六左衛門は、この時、イエズス会が長年伝道し、彼もまた、多くの信者の面倒を見ている京都、大阪、伏見、堺の地域にいた。

 キリシタン追放令に先だって、キリシタンの名簿づくりが去年の12月27日から、この年の1月27日まで行なわれた。名簿にのったキリシタンの隣り近所のものは、まきぞえになるのをおそれたので、特に貸家に住んでいるキリシタンたちのほとんどが皆から追い立てられ、家族をつれて家を出てさまよいはじめた。

 六左衛門は、自分の羊たちが家を追われて道や船や森や山にさまよっているので、彼らに鉱山に逃げこむように教えてまわっていたのだ。

 そして2月21日になると、神父、修道士、同宿、伝道師、柱になっているキリシタンたちが長崎に追放され、教会が皆、こわされ、キリシタンを追い出す暴力がましたので、どの道筋も、ものすごい数のキリシタン逃亡者であふれるありさまになった。

 全国的な追放令なので、彼らには行く場所がない。彼らにはシストたちが準備してきた地下教会しか逃げ場がないのだ。先にシストが全地下教会に出した指令のとおり、キリシタンのつち親や、ほり子たちが、彼らを迎えにやってきた。

 六左衛門の荷は軽くなった。石見からも来てくれた。やはり、多くのキリシタンは北の鉱山に向かった。六左衛門は、自分の羊、命をかけて世話をしてきたキリシタンたちを、北の鉱山に見送りながら、この活動を終えたら、自分も羊たちの多くが向かった北の鉱山で彼らの世話を続けたいと思いはじめた。

 仕えてきたパードレたちは、長崎から本国に帰される。所属していた有馬の駐在所は迫害によってもうなくなってしまった。寺沢藤兵衛のところに住もう。地下教会の中心、本拠地寺沢に住もう。六左衛門の心はこうかたまっていく。


-----------------
2009年6月14日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_062.html
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-27 21:13

寺沢の韓国人殉教者夫妻シストとカタリナの物語!

c0164187_856184.jpg

400年の時を経て 今 明かされたシストとカタリナの33年の闘いの真実 !

祖国韓国の救いの為に、命を捧げた二人。その直系の子孫に託された希望… 今、寺沢で続く聖母出現 ! 先祖シストとカタリナと 祖国韓国への愛を込めて渾身の力を込めて書いたシナリオ !

寺沢の韓国人殉教者夫妻 シストとカタリナの 物語!

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_index.html
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-27 08:56

「リトル・ペブル同宿会」は、どんな大罪人でも受け入れます!

c0164187_2240573.jpg

福音は罪人のためにある! 医者を必要とするのは病人である!

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいません。

  何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。


(1) 唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、他の教えを捨てること。

(2) 家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。


  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな受け入れます。


http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-25 22:40

ニコニコ動画に

c0164187_18512593.jpg

「天城越えを歌ってみた♪ by クララ・ヨゼファ・メネンデス」をアップしますた!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7443918
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-25 18:51

クララね。乳糖を売り始めたよ。

c0164187_14471667.jpg

「甘ずっぱいクララの乳糖」っていうんだよ。

甘酸っぱくて、とってもおいしいの。

ほら、駄菓子屋さんで、粉末のジュースってあったでしょ。あんなかんじ。

スプーンですくって食べてもいいね。クララも、毎日、食べてるよー!


http://hakobune.cart.fc2.com/ca22/46/p-r-s/
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-25 14:47

今、現役の教皇様は3人います。

c0164187_1957824.jpg

2005年4月に神秘的眠りについたヨハネ・パウロ2世、現ローマ法王ベネディクト16世、そしてリトル・ペトロ・アブラハム2世(リトル・ペブル)の3人です。

 天は、獄中のリトル・ペブルさんを、現役の教皇リトル・ペトロ・アブラハム2世であると宣言しています。


http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpl050406.htm
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-24 19:57

反キリストの名前はロード・マイトレーヤです!

c0164187_94744.jpg

 彼はまもなく「再臨したメシア」として全世界にデビューします。

 反キリストであるロード・マイトレーヤは、まことの神である救い主イエズス様の猿まねをして、12使徒を持っています。

 そのうちの一人、ベンジャミン・クレームが、日本を担当しています。「シェア・ジャパン」は、ベンジャミン・クレームの日本における窓口で、シェア・インターナショナル・グループの一員です。

 ラ・サレットのご出現で、聖母マリア様は彼らのことをこう言っています。

「反キリストが、淫猥の師たるいにしえの蛇と交流あるヘブライの修道女、偽りの処女から生まれるのは、この時期の事です。反キリストは、父が司教で、生まれる時に冒涜を吐き、歯が生えているでしょう。一言で言えば、この子は悪魔の化身で、恐ろしい叫び声を上げ、不思議な事を行い、淫猥によってしか養われないでしょう。その子には兄弟たちがいて、彼らは反キリストのように悪魔の化身ではなくとも、悪の子となるでしょう。

 十二歳の時、彼らは勇敢な勝利をおさめるので、周囲から注目されるようになり、そうしてすぐに地獄の軍団に助けられて、各々軍隊の頭となるでしょう。

 四季は変化し、地は悪い産物しか生み出さず、天体は規則正しい運動を失い、月は赤味を帯びた弱々しい光しか反射しなくなるでしょう。火と水とは地球上でけいれんのような動きをし、山や街を飲み込む恐るべき地震も起きるでしょう。

 ローマは信仰を失い、反キリストの座となるでしょう。」


だまされてはいけません!
今は黙示録の時代の真っ只中です!

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
[PR]
by clara_1004 | 2009-06-24 09:04

おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
by clara_1004
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな