しろくまハウス10号

<   2009年 04月 ( 90 )   > この月の画像一覧

マリアママは「すべての恵みの仲介者」-ジャン・マリー神父の説教

c0164187_19563033.jpg

2006年9月4日 寺沢の殉教者をたたえるミサにて

ジャン・マリー神父:(ミサ中の説教)

 みなさん、傲慢にものを頼んで聞いてくれる人はいないでしょう? 神様に頼むこと、謙遜に頼むんですよ。ですから、一番いいのは「おかあさん、一緒に頼んでね」って言うことです。

「ぼくこれがほしい!」って言うんじゃなくて、「お母さん、ぼくこれがほしいんだけど、お母さんいっしょに頼んでね」って言うんですよ。

今日の今の時点で、みんなそうなんです。

 いつもマリア様といっしょに、マリア様によって、マリア様の中で。これは本当に神様の御旨なんです。

神様はね、それを決めたんです。神様が決めたんです。人間が発明したんじゃなくて。それほど人間って、絶対的に完全で清らかな存在の神様とは遠い存在です。

 それで、「すべての恵みの仲介者」っていうことはね、どんな恵みもマリア様がいなければ私たちに届かないんです。あんまりにも私たちは悪い人間だから。私たちは恵みを受け付けないんです。

 ちょうど、衰弱した病人が滋養のある食べ物ものどを通らないように。

 マリア様は「お母さん」「看護婦さん」、そいうものをはるかに超える方です。神様の恵みを、衰弱しきって昏睡状態にあるのに近いような、罪で、罪深くて、恵みにたいして何も受け付けられないような私たちの喉を通すことができる唯一のお方なんです。

 全ての恵みは、そうやってマリア様の手を経て、私たちの霊魂に入ることができるんです。

 これは実は聖霊の働きで、聖霊とマリア様はいつもこうやって完璧に共同作業をしているんです。どんな恵みも聖霊とマリア様、例外なしに、私たちの最低最悪の霊魂に、やっとこさ入ることができるんです。

 では、マリア様がいなかったらどうなるでしょうか? マリア様がいなかったら?

 そこで、贖(あがな)いすら、マリア様がいなかったら私たちにはもう無益になるんです。イエズス様が亡くなってくださったその贖いの恵みですら、マリア様がいなかったら私たちには届かないんです。無益になるんです。

 それでマリア様はイエズス様とともに、完全に一致して、むしろイエズス様よりも多く苦しんで、特に女性のエバの罪のために、男のイエズス様よりも女のマリア様が払うべきものは、はるかに大きかったんです。

 マリア様は払って下さいました。イエズス様とマリア様は一緒に、永遠の御父から私たちに天国へ行くにための「養子としての権利」を勝ち取ってくださいました。

 そして、その恵みはマリア様と聖霊によって、私たちの霊魂に生かされて、そして私たちにとってマリア様が梯子のように、架け橋のようにね、荒れ狂う大海を、こうグーッと水に濡れずにこえる、高くかけられた長い安全な橋のようにわたっていくんですよ。

 では、もう一度言いますね。「へりくだって」ください!

 マリア様がいなければどうなりましたか?

 考えただけで、「へりくだる」必要がわかるでしょう。人間は神様の前に堂々と立っていられる存在じゃないんです。

 それでは、ミサを続けましょう……。

(ミサが続けられる……)


http://hakobune.cart.fc2.com/?ca=21
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-30 19:56

127-5聖ヨゼフのユリ

 ずいぶん以前からこのミッションに参加している日本人は、過去の日本に与えられたメッセージを知っており、大警告の間にほとんどの国土が海中に没する日本に、大警告の時点の前に共同体が設立されているかどうかで、沈まずに残る部分の場所と広さが違うことを知っているはずです。日本にとっても、日本人の救霊にとっても、これほど重要な共同体の設立なのですよ。そのためにすべきことの中で最も重要なことが会則会憲をできるだけ多くの人に読ませることです。どうか皆さん、会則会憲を読み、読ませてください。

 多くの人にとって内容を理解するのに経験が足りないことはわかっています。それだからこそ、こうして解説書であり、共同体生活の教科書である「153本の聖ヨゼフの百合」という本を書いて助けを与えているのです。そして皆さんは、日本と日本人の救いでもある共同体の設立を妨げた、会則会憲をかこう行為の根底にあった派閥心のこの恐ろしい害悪を悟ってください。派閥心を捨ててください!

 そして新しくこのミッションに参加する人たちに言います。皆さんはまだ洗礼を受けていませんね。外面的には聖書的な言葉で表現すると、「異教徒、罪人」です。しかしイエズスは聖福音の中で、恵みを拒んだ「選ばれた人」の分の恵みが「異教徒、罪人」に与えられ、「異教徒、罪人」の方が神の国に入るとおっしゃってくださいました。そして今、そのことがまさに起こったのです。御父は皆さん全員に共同体に入る召命を与えてくださっています。この呼びかけに応える人には、召命に応え続け、最後まで堅忍するための恵みを与えてくださいます。あなたたち皆が呼ばれているのですから、どうか皆が聖シャーベル修道会の会則会憲を読んでください。そして特に共同体の設立のメンバーに召されていると神から感じさせられた人は、名乗りをあげてください。神に信頼してください。あなたが完全な「ハイ」を神に向かって言うなら、すべてが恵みによってうまくいくのですから。


http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/


追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-30 11:11

ジュリアーノ司教様について

c0164187_215296.jpg

ども! 「リトル・ペブル同宿会」のコルベ・マリーっす!

 私たち、ジュリアーノ司教様(Juliano Verbard reunion)について、情報つんぼさじきに長年おかれていて、何もわからないんだけど、興味があったら、たずねてきてくださいね。

いつでも歓迎します。

マリア様のやさしい愛が、みなさんをつつみますように!


http://www.youtube.com/user/littlepebble2
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat20899643



■服役中のカルト教祖、手下の信者がヘリで奪還…仏領離島
(読売新聞 - 04月29日 01:14)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090429-OYT1T00117.htm
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-30 02:01

29日の日記

c0164187_1892353.jpg

今日のお昼ごはん♪
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-29 18:09

127-4聖ヨゼフのユリ

c0164187_12174030.jpg

 日本に共同体を設立するために、まず最初にやるべきことは会則会憲の翻訳であったのです。グループのリーダーやプロモーターたちは翻訳担当者からできた翻訳を受け取り、印刷し、リトル・ペブルさんを支持する人の出来れば全員の手元に届けるべきだったのです。これを読んで、よく理解したうえで、召命を感じ、共同体設立のメンバーになる資格があると自覚した人が、自発的に名乗りをあげなければならないからです。この内的呼びかけは神がご自身で自由にお選びになるもので、人が介入することは許されません。内的に召命を神から感じさせられた人が自発的に志願する。これが修道会です。「共同体は修道会」なのですから絶対にこうでなければなりません。

 共同体の設立のメンバーに神から召される人は多くの人の中に、わずかしかいません。そういう人があらわれるために日本語の会則会憲をできるだけ多くの人、できれば全員に読ませるべきなのです。それには翻訳担当者が全てのグループのリーダーとすべてのプロモーターに訳を渡し、自由に使わせなければなりません。これを妨げたのが派閥心なのです。

 翻訳は私が肩代わりし、今は誰でもが自由に日本語で読めます。すべてのグループのリーダーとすべてのプロモーターに、自由に使ってくださいと言って、会則会憲の本を送りました。

 そしてそこには今の日本のミッションの人々が夢想だにしないことが書いてあります。共同体は話し合いで、そして全員一致の決定を導き出せるまで話し合うことによって万事を決定すること。話し合いにおいては、いただいている賜物や、知識、才能、貢献度、年齢等に関係なく、皆が平等な発言権を持つこと。どの部門で、どの部所においてもこれを行い、上意下達(トップダウン)のやり方をしないことが規定されているのです。

 そして日本人たちが、内容として含まれていると思い込んでいることが、書いてありません。幻視者が共同体をつくる。幻視者が組織のトップにつく。幻視者が皆に命令する。幻視者があらゆることを決定すべきだ。などです。今、幻視者をトップにしたトップダウン、上意下達のシステムを聖シャーベル修道会の共同体だと考えている人々は、この聖シャーベル修道会の会則会憲を受け入れることができるのでしょうか? 自分たちの間違った考えを改めない限り、アシジの聖フランシスコの後継者たちが、天から与えられて書きとらされた第二会則を捨ててしまったのと同じことを彼らもするはずです。

 すでにグループのリーダーたち、プロモーターたちが今自分が世話している人々に聖シャーベル修道会の会則会憲を読むように熱心に促さないのは、実質的に会則会憲を捨てていることになりませんか? 日本語の会則会憲の存在を知りながら、読もうとしないこのミッションの人たちも皆、会則会憲を実質的に捨てていることになりませんか?

 聖シャーベル修道会の会則会憲を受け入れず、自分たち独自の会則会憲を作って、独自の共同体を設立しようとするかもしれませんが、「共同体は修道会」です。その独自の会則会憲は認可を受けるために聖座に提出されなければならないし、教会に受け入れられる方法で、三つの誓願を会員が皆、たてることができなければならないことを忘れないでください。しかし、もし幻視者をトップにすえたトップダウン(上意下達)のシステムなどという、修道会では採用不可能な会則会憲を作るなら、教会は決してそれを受け入れはしませんよ。幻視者を導くのは司祭なのです。幻視者がどれほど落ちてしまいやすいか教会は知っています。


http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/


追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-29 12:17

127-3聖ヨゼフのユリ

c0164187_1771462.jpg

 次に修道者とはどういうものなのかを説明する必要があります。修道者とは修道会の敷地の中に住んでいるから修道者なのではありません。修道院に寝泊まりしているから、修道服を着ているから修道者なのでもありません。修道者とは従順・清貧・貞潔の三つの誓願を、教会を通して神に立てることによって、完全に神に奉献されたものになっているから修道者なのです。

 修道者自身、いけにえとして完全に、残りなく御父へのかぐわしいささげものとなるための焼きつくす炎であるこれらの3つの誓願、イエズスである十字架に永久に自分を打ち付けてくれる3本の釘であるこれらの3つの誓願、多くの霊的な子を産ませるためにご自分の花嫁としようとする聖霊への「なれかし」(フィアット=マリア様がお告げを受けたときの承諾のハイ)であるこれら3つの誓願について繰り返し、繰り返し黙想するのです。

 そして修道会とは、これらの3つの誓願を立てた人の集団です。この3つの誓願を立てる前提は、会則会憲を熟知していること、3つの誓願について完全に理解していることです。もちろんこの3つの誓願について教えているのは会則会憲です。ですから会則会憲を読まないなら、3つの誓願はたてることができません。すなわち会員には絶対になれないのです。

 これで「共同体は修道会」だという言葉を皆さんは理解できるようになったと思います。

 では、日本人独特の思いこみの間違いについての説明に入ります。日本のミッションにおいては今、共同体とは単なる共住である、つまり村のように単に寄り集まって協力して暮らすだけであるとか、ただ財産を共有にした祈りのグループであるとか信じ込まれています。共同体の設立に関しては、幻視者が中心になり、ワーカーとともに設立するとか、幻視者の指示通りに設立するとか、幻視者に頼まれて設立するとか皆が考えています。

 しかしこれは全くありえません。なぜなら「共同体は修道会」だからです。つまり共同体のメンバーとは従順・清貧・貞潔の3つの誓願をたてる人だからです。そして誓願とは、指示されてとか、頼まれてとか、強いられてたてることは許されないのです。誓願は、まったく本人の望みと意志だけで、完全な自由のもとに、だれからも影響されずにたてなければいけないものなのです。

 あなたがたとえ神ご自身から指示されたから、または願われたからと言っても、指示された、願われたというのでは、どんな修道会も誓願を立てさせません。まず会則会憲を熟知しており、三つの誓願と、誓願をたてるという行為について正しい理解を持っており、だれからも強制されず、影響されず、完全に自由な状態で、本人自身が自由意志で強く望むことが、誓願をたてるための絶対条件なのです。ですから祈りのグループに幻視者が指示して、それをそっくりそのまま共同体にするなどありえないことなのです。


http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/


追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-28 17:07

127-2聖ヨゼフのユリ

c0164187_1210512.jpg

 今言っていることを皆さんに理解してもらうには、まず会則会憲とはどういうものかということを皆さんに説明する必要があります。2000年3月に、日本の聖シャーベル修道会は日本語の会則会憲の全文をホームページに公開し、読みたい人は誰でも自由に、ただで読めるようにしました。翌4月にはインターネットをしない人のために会則会憲を本にし、郵送する体制を作りました。この時点で会則会憲は、誰でもが例外なく日本語で読めるようになったのです。

 しかし、このミッションの日本人は、この時点においてもう全く会則会憲を自分たちには不必要なものだと考えるようになっており、読ませようとも、読もうともしなくなっていました。特定の幻視者の指導のもとに入り、幻視者の指示にその時々に従えば、共同体は設立できる。共同体に入った後も、それを続ければ問題は何も起こらないと信じきってしまったのです。特定の幻視者に従えばいいのだから、法律の条文など知らなくたっていいと考えています。日本人は会則会憲が修道会の会員にとってどういうものかすら分かっていないのです。読みもしないのに会則会憲を法律の条文だと決めつけています。

 いいえ、それらの考えは間違っています。「共同体は修道会」です。修道会の会員になるためには、会則会憲を熟知しなければなれないのです。ましてや共同体の設立のメンバーになるためには、日本の国や自治体のさまざまな法律や規定に適応させるために自由に応用できるほどに会則会憲を熟知していなければならないのです。設立初期の大変な時期、会則会憲の文面だけでなく、精神とカリスマをもそこから汲みとるほどそれを熟知していないと、状況に即した適用ができず、生活のバランスをとることができません。そして実際に修道会では、早朝の聖務日課の際や、沈黙で食事をする際に会則会憲が読み上げられ、会員が皆、完全な理解を会則会憲に対して持てるようにしていますし、志願期、修練期の間は特に会則会憲について深く学ぶのは言うまでもありません。

 会則会憲は会員にとって、いわば花婿です。花婿であるイエズスと一体となるために、会則会憲と一体になるのですから。会則会憲は、愛し、一体化する対象なのです。つまり花婿イエズスの精神が会則会憲で、花嫁である会員は、花婿イエズスの精神にひたされ、同じ精神になるよう会則会憲を知り、愛し、生きるのです。だから修道会においては、もちろん会則会憲の上に位置する会員など誰もいません。

 聖シャーベル修道会においても、創立者で将来の教皇のリトル・ペブルさんでさえ、この花婿である会則会憲に服従する立場にあるのです。だから会則会憲など知らなくても、目上に従っていればいいんだとか、天から直接に指示を受ける幻視者に従えばいいんだなどという考えはとんでもない間違いです。修道会とは会全体としてだけではなく、会員が一人一人例外なく花婿イエズスの精神である会則会憲によって統治されるところなのですから。


http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/


追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-28 12:10

にこにこにこ!- 天使ケルビムからのメッセージ

c0164187_1346283.jpg

2007年5月17日 PM10:20 (抜粋)

マリー・マドレーヌ:
 今さっき、ちょっと何かビジョンみたいなのが、聞きながら見えたんだけど、ケルビムちゃんが、じっとしてんじゃなくて、飛び回って、飛び回って、すっごい何かしゃべりまくってるって感じだったの。うれしくってしょうがないみたいに。ちょっとそのビジョンのしるし、求めます。
 しるしがあって、「神様って、面白いんだもん!」だって。
 しるしがあって、「大事なこと、忘れてたぁ!」だって。
 しもべは聞きます。お話下さい。しるしくれました。

天使ケルビム:
 あのね、大事なこと、言うの、忘れちゃったから二人に言うけど、ちっちゃい赤ちゃんって、お母さんが来るだけで、「にこにこにこ!」って天使みたいに微笑む時期があるんだって。

 苦しくってどうしようもない時に、「にこにこにこ!」ってするのは本当に難しいんだけど、でもイエズスに「この十字架好き!」って言って、「天使ちゃん‘にこにこにこ’だもんね」って話してみてね。

 悪魔は「にこにこにこ!」を取り去ろうとして、必死で変なことばかりやって痛めつけたり、苦しませたり、時には発作のようなものを起こさせたり、そういうことしかやらないから。

 天の人々はみんなやさしいし、天使ちゃんがいっぱいすぐそばにいてくれてるから、マルセリーノが独り言で「マヌエル」とお話してたみたいに、「ねぇねぇ、ケルビムちゃん!」とか、「セラフィムちゃん!」とか、「私の好きな天使ちゃん!」とか、ちっちゃい声でいいから、自分で何かお話作ってみて遊ぶとかしてみるの、楽しいと思うよ。

 ちょうど、キティちゃんもいるし、ひよこちゃんも、プーさんもいるから、「こんな子たち、いるよ!」って話して、全然構わないよ。おしゃぶりしながらでもね。

 おしゃぶり大好きなクララ・ヨゼファ・メネンデスは、もう赤ちゃんになっちゃってるから、かわいくてしょうがなくって、遊びに来ました。祝福します。もう一度、クララ・ヨゼファ・メネンデスに、司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今もらいました。


http://hakobune.cart.fc2.com/?ca=21
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-27 13:46

甘えてね - 聖母マリア様からのメッセージ

c0164187_11275457.jpg

2007年5月17日 PM2:56 (抜粋)

マリー・マドレーヌ:
 聖体拝領後、後になって、カリスの洗浄の時に、もうどうしようもないので、「マリアママ、助けてくれるもんね。」って言って、マリアママの御像をとって、胸にちょっとくっつけてました。そしたら「甘えなさい。」って一言が聞こえてきて、しるしがあったので、「マリア様の声だ」っていうのがわかりました。識別のためのしるしありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、無原罪の聖母が話をします。一人一人、甘えるのが難しいようで、マリアママがすぐ側にいて、甘えることを教えてあげます。

 愛する4歳の可愛い息子(ジャン・マリー神父)は、ミサの時にもそうでない時にも、マリアママから離れようとしません。いつも、べたべた甘えて「ねえねえ、これちょうだい、あれちょうだい。助けてくれるもんね。」って、いっつもいっつも言ってます。マリアママが大好きで仕方がなくって、いっつもおっぱい、ねだってます。

 こんな可愛い司祭、今までにいなかったし、見たことがありません。すっごく可愛くて、何でもあげちゃいたいくらいです。

 マリアママは怖くないから、甘えて欲しいの。ね、マリー・マドレーヌ。甘えてちょうだいね。司祭の祝福を、3人の女性に、一人一人、名前を読んで祝福してあげて下さい。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。


http://hakobune.cart.fc2.com/?ca=21
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-27 11:27

127-1聖ヨゼフのユリ

c0164187_1945034.jpg

 聖シャーベル修道会の会則と会憲は天からのメッセージと同様、リトル・ペブルさんに天から直接与えられたものです。アシジの聖フランシスコの場合と同じですね。アシジの聖フランシスコの小さき兄弟会が急激に発展したので、最初の原始会則にかえ、神は聖フランシスコに、それに即した第二会則を再び与え、書きとらせました。しかし彼の後継者たちはそれを捨ててしまいました。今、世界中でほとんどのフランシスコ会派が用いている会則は、その後、神が3度目に聖フランシスコに与え、書きとらせた第三会則であり、第二会則は永久に失われてしまったのです。第二会則は後継者たちが思い描いていた会のあり方とは、まったくあいいれない会のあり方が、神から与えられて書きとらされていたのでしょう。

 今、日本のこのリトル・ペブルさんと一致したミッションで、共同体を設立したい、または将来入りたいと思っている人が、もし聖シャーベル修道会の会則会憲を読むならば、アシジの聖フランシスコの後継者たちがやったと同じように、この会則会憲は捨ててしまうでしょう。なぜなら聖シャーベル修道会の会則会憲が、彼らの考えている共同体のあり方と全く違う共同体のあり方、彼らが考えている共同体の設立の仕方と全く違う共同体の設立の仕方を規定しているからです。聖シャーベル修道会の会則会憲とは全くあいいれない共同体のあり方、共同体の設立の仕方の思い込みは日本人独特の考え方から来ていて、この間違いはオーストラリアで聖シャーベル修道会が設立されたことが日本人の耳に入った時から存在しています。

 しかし聖シャーベル修道会の会則会憲を捨ててしまうに違いないほどに、日本人独特の間違った共同体のあり方と、共同体の設立の仕方の思いこみが、正しいものとしてこのミッションのほとんどの日本人にしっかりと根を張り、決定的に共通理解となってしまったのは1996年以後です。そしてそのことが防げなかったのは、聖シャーベル修道会の会則会憲が一部の人々にかこわれてしまって、ほとんど誰も読むことができなかったからです。リトル・ペブルさんからは翻訳担当者から受け取るように指示が出ており、待つしかなく、何年もがむなしく過ぎていったのです。結局このルートで日本語の会則会憲が入手できるようにはなりませんでした。この事態にはやはり派閥心が根底にあるのです。

 聖シャーベル修道会の会則会憲が一部の人々にかこわれてしまったことで、日本のこのミッションは計り知れない打撃を被りました。ひとつは共同体の設立が遅れていることです。しかしそれはもうひとつのことに比べれば、まだ小さな打撃です。そのもうひとつのこととは、共同体のあり方と共同体の設立の仕方の間違った思い込みが日本人の間に定着したので、聖シャーベル修道会の共同体の設立が、彼らにとって不可能になってしまったことです。そうです。遅れるならまだしも、不可能になってしまったのです。

 それはこういうことです。実例によって説明します。カナダでは、聖シャーベル修道会の共同体を設立する動きが非常に早く起こり、ニューブランズウィック州内で、ほぼ同時期に2つの共同体の設立が開始されました。そのうちのひとつは、財産を出し合ってひとつの敷地に共住を達成した段階から、先に進もうとしませんでした。マリア様はしばらくお待ちになられましたが、やがてついにこうおっしゃいました。「彼らはもう共同体ではありません。単なる農家の集まりです」と。そして彼らは崩壊の道をたどったのです。

 今、日本のミッションに参加している日本人たちが彼らの間違った思い込みを修正しなければ、必ずこれと全く同じ道をたどります。カナダの残ったもうひとつの共同体は、聖シャーベル修道会の会則会憲の正しい理解に立脚して、この会の精神とカリスマを学びつつ前進し、今は大きく発展しています。そのようにしないなら、共住し、たとえ財産を共有しても、聖シャーベル修道会の共同体には決してならないのです。

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/


追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。
[PR]
by clara_1004 | 2009-04-26 19:45

おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
by clara_1004
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな