しろくまハウス10号

「正しいSEX」 行ないによる預言的使命

c0164187_1841214.jpg

預言者は、言葉をもって預言するか、行ないをもって預言します。ジャン・マリー神父とクララ・ヨゼファ・メネンデスの「正しいSEX」は、行ないでの預言です。

 今、神が立てている新しいアダムはリトル・ペブルさんで、新しいエバはベッティーナさんです。ジャン・マリー神父は、リトル・ペブルさんの身代わりの代役にすぎず、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、ベッティーナさんの身代わりの代役にすぎません。

 この二人の「正しいSEX」は、アダムとエバに与えられていた楽園(パラダイス)が、まもなくイエズス・キリストが再び戻ってこられ、人類に返し与えられるということを、預言する行ないです。

男性の精子を用いないで女性が妊娠する - つまり、他の生き物のようにではなく、人間だけに神が、夫と妻の愛だけで妊娠をおこすという御計画は、楽園でアダムとエバによってダメにされてしまいました。

 人類に楽園が返し与えられた時、神の御計画は実現し、全ての夫婦は、夫の精子を用いることなく、子供を次々とたくさん、神からさずかります。

このことをもまた、この二人の「正しいSEX」の行いは預言します。

 これらのことを預言させるために、神はあらかじめ二人の羞恥心をとりのぞいて下さり、皆に裸をさらさせました。

 言葉をもっての預言が公表されなければならないのと同様に、行ないをもっての預言も公表されなければならないからです。

 神の目的は、一人でも多くの人が救われて天国にはいることで、公表も、知られることによって、多くの人々に救いがもたらされるからです。

2007年10月26日
ジャン・マリー 杉浦洋 神父

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html


 リトル・ペブルさんが再興する「ダビド王家」の女性の一人、バロネス(女男爵)のクララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美は2007年8月5日、リトル・ペブルさんの体内にある「聖なる光り輝く棒」によって、双子の女の子を妊娠しました。肉体的な父親はいません。

 クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美は卵巣機能不全のため生理がなく、重症のアトピーであることから、妊娠できない体であること、また7ヶ月で胎児が成熟し生まれることによって、これが「奇跡の妊娠」であることを証明します。

これらの双子の女の子「マリア・ガブリエラ」「アンナリア」は、コルベ・マリー阿部哲朗の養子になることを神が定めています。

 クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美が妊娠した子供は、男性の精子によるのではなく、オーストラリアの監獄にいるリトル・ペブルさんの中にある「聖なる輝く棒」から 聖霊によって運ばれた「命の種」によるものです。

【 2007年8月5日PM9:54 マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ 】
聖母マリア様:
 ……聖母が、今日クララ・ヨゼファ・メネンデスに、妊娠の恵みを授けました。クララ・ヨゼファ・メネンデスには、間もなくバッシングが訪れます。それを彼女が理解し、彼女が耐えられるように、皆で祈り、愛をこの共同体にかき起こして欲しいと願います。……
[PR]
by clara_1004 | 2009-02-27 18:04

おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
by clara_1004
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな